Welcome!

サンフランシスコ・ベイエリアの進路と進学情報 シリコンバレー

1年以上
今春のIECAのカンファレンスは、フィラデルフィアで開催されました。フィラデルフィアはニューヨークとワシントンDCの間に位置するビジネスの街として知られていますが、質の高い大学が数多く集まっている場所でもあります。

例年通り、カンファレンスに合わせて会場周辺の大学へのコンサルタント向けのキャンパスツアーが開催されました。フィラデルフィアといえば、U Pennを思い浮かべる方も多いと思いますが、U PennのとなりにあるDrexelも、隠れた名門大学です。特に、DrexelのCo-opというプログラムは、実践的な経験が身につくインターンシップのプログラムとして全米でも非常に高い評価を受けています。

フィラデルフィアには、質の高いリベラルアーツカレッジが数多く存在します。今回は、Swarthmore College, Bryn Mawr College, Haverford Collegeといった全米でも有数のカレッジを訪問することができ、とても有意義でした。たとえばSwarthmoreは、Forbes Magazineの大学ランキングでは、全米第7位で、HarvardやYaleよりも上位にランクされています。
1年以上
全米大学入試研究センターの協力で2009年に行われた調査では、全米のハイスクールのシニアの学生のうち、26パーセントの学生が、大学選びや進学準備で個別に教育コンサルタントのサポートを受けているとの結果がでました。

これに合わせて興味深いデータが発表されました。教育コンサルタントのサポートを受けた学生は、そうでない学生と比べて、州外の大学を選ぶ確率が3倍も高いそうです。また、教育コンサルタントのサポートを受けた学生は、そうでない学生と比べると、私立大学を選ぶ確率が4倍も高いとの調査結果がでています。

IECAの調査によると、教育コンサルタントのサポートを受けていない学生の80パーセントは州立大学に進学するそうです。これに対して、教育コンサルタントのサポートを受けている学生のうち、州立大学に進学する学生は20パーセントで、残りの80パーセントは私立大学に進学しているとのことです。

実際に私がサポートしている学生の場合はどうかというと、過去2年間で(スポーツ進学以外で)州立大学に進学した学生は約20パーセントで、IECAの調査結果とほぼ一致しています。私のところに来たばかりのころは、UCLAに行きたいと言う生徒がつねに過半数を超えていますが、いろいろ大学を調べて、実際に訪問し、最終的にアプライするころには、UCの大学を本命視する学生は、不思議とあまりいなくなります。
1年以上
IECAのカンファレンスが、今春はフィラデルフィアで開催されます。このカンファレンスは、IECAというEducational Consultantの団体が毎年春と秋に主催するイベントで、我々コンサルタントとっては、進学に関する最新情報を入手する上で非常に重要なイベントです。開催都市は毎回変わりますが、頻度としてはアメリカ北東部が最も多く、次に西海岸、中西部、南部の順となっています。

今回のカンファレンスは5月4日(水)から5月6日(金)までですが、カンファレンスに先立って、週の前半にコンサルタントを対象とした大学ツアーが行われます。このコンサルタント向けのツアーでは、各大学のアドミッションスタッフから裏事情を聞き出したりすることができたりして、非常に有意義ですが、残念ながら一般の方は参加できません。

大学進学をとりまく環境は日々変化しています。特に昨今の景気後退の影響は、進学を目指す家庭の経済的な問題のみならず、大学経営自体にも影響がでてきているため、コンサルタントは現状をきちんと把握して、それをもとに戦略を立てることが重要です。

カンファレンスでは、大学進学だけでなく、ボーディングスクールへの進学や、ホームスクーリング、学習障害等のある生徒の進路など、教育と進学に関わるすべてのテーマが扱われます。全米からコンサルタントと学校関係者が集まってくるので、ネットワーキングの機会としても大変役に立ちます。

IECA Spring Conference in Philadelphia
1年以上
2011-2012にUCに入学する学生における州外学生の割合が、前年度の14パーセントから今年度は18パーセントに急増しました。州外学生の年間の学費は5万ドルを越えるため、UCにとっては、州内学生の合格者を州外学生に振り替えると、1名につき2万ドル以上の収入増が見込まれます。

UCでは、来年度5億ドルの予算カットが提案されており、UCを目指す学生にとって、更なる競争の激化と増え続ける学費、予算削減による教育の質の低下という3重苦の中での進学準備となります。

UCの発表資料:Freshman application outcomes announced
1年以上
University of Californiaでは、2011年秋入学を目指す学生のアプリケーションが急増しました。Freshmanのアプリケーションは前年度より6.1パーセント増えて、総数で142,235となりました。全てのキャンパスで受験者数が増加していますが、中でもUC San DiegoはFreshmanのアプリケーションが11.2パーセント増と人気が急上昇しています。Transferのアプリケーションの増加率はさらに大きく、2009年以降UC全体で26パーセント増えています。

Freshmanのアプリケーションのうち、州内学生のアプリケーションの増加率は3.6パーセントです。18歳人口がほぼ横ばいであることから、州内学生の増加は、学生全体の学力の向上によるものと考えられます。つまり、学力面での競争が一層激しくなっていると考えられます。また、アジア系学生の増加率は5パーセントとなっています。UCは、合格者におけるアジア系学生の比率を下げることを目標としているので、アジア系学生にとってアドミッションはさらに厳しくなっていくと考えられます。

Transferのアプリケーションの急増は、UCへの進学を目指す学生の増加と、UCのFreshmanの定員数の削減が影響していると考えられます。コミュニティカレッジ等で非常に高い成績を修めている学生でも、TransferでUCに進学できないケースが増えています。FreshmanのアドミッションがうまくいかなくてもTransferがある、という考え方は非常に危険なので、ハイスクール在学中にきちんと進学準備を進めることが大切です。

サンフランシスコ・ベイエリアの進路と進学情報 シリコンバレー

作者:サンフランシスコ・ベイエリアの進路と進学情報

サンフランシスコ・ベイエリアの進路と進学情報 シリコンバレー

進路は一人ひとり異なるはず。周囲に流されずに、本当に自分に合った進路を探すことが大切です。アメリカで学んでいる中高生やその保護者向けに、大学進学準備に役立つ情報を随時掲載しています。

7日 15 総合 483 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



サンフランシスコ・ベイエリアの進路と進学情報さん新着記事



過去記事

サンフランシスコ・ベイエリアの進路と進学情報さんへの新着コメント




サンフランシスコブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 サンフランシスコ・ベイエリアの進路と進学情報 シリコンバレー
2位 half moon bay
3位 サンフランシスコ・ワイン日記 ~ワインブログ~
4位 サンフランシスコ生活
5位 国際結婚、暮らすなら第3国で!外人同士のサンフランシスコ日記
6位 サンフランシスコ留学日記~アメリカ大学院TESOL留学
7位 サンフランシスコ百景
8位 ドナルド&デイジー アメリカで子育て


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?サンフランシスコでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録